HOME >  LAPOCシステム義足 >  スタンプシュリンカー


スタンプシュリンカー


弾性包帯の問題解決(SOLUTION)。

製品特長

スタンプシュリンカーは、切断後の断端の浮腫予防用の段階式着圧断端袋です。
これまで、切断後の断端の浮腫予防および断端の成熟を促進する目的で、弾性包帯が使用されていました。しかし装着にかなりの時間と技術を要する、断端を適切に加圧することが困難、ズレやすい、夜間就寝時等の長時間の固定がほぼ不可能という問題がありました。
スタンプシュリンカーは、断端末部から近位に向かって段階式に着圧が低くなる設計により、ストッキングのように装着することで、断端を適切に加圧することができます。ズレにくく、定位置での長時間の固定が可能になり、快適な装着感を得られます。断端成熟後も、スタンプシュリンカーで夜間就寝時の断端のむくみをおさえ、翌朝の義足ソケットの装着を容易にします。


                            
M1420 製品仕様一覧表
モジュール番号 M1420 M1421
製品名 スタンプシュリンカー(大腿用) スタンプシュリンカー(大腿用・2枚組)
着圧 30mmHG30mmHG
          

                            
M1430 製品仕様一覧表
モジュール番号 M1430 M1431
製品名 スタンプシュリンカー(下腿用) スタンプシュリンカー(下腿用・2枚組)
着圧 20mmHG20mmHG